'."\n";?> 探偵に依頼するまえに

探偵に依頼するまえに

 

こんな探偵にはご用心

探偵への調査依頼を検討しているとき、
今までに利用したことがある方であれば、同じところか、
もしくはどのような探偵事務所を選べばよいのか、ある程度は検討がつきます。

 

しかし、初めて探偵事務所を利用しようと考えている方には、
どうすればよいのか分からないという方も多いと思います。

 

そこで、あまり良くないと思われる探偵事務所についてです。
まずは、根本的なところですが、現在では探偵業法という法律が制定されており、
公安委員会への届出が必要です。
この届出を行っていないところは、論外ですので、必ず届出をなされているか確認しましょう。

 

それから、無料相談や面談時に、
依頼者の不安を必要以上にあおるような言い方をしたり、
自社の依頼の成功率や顧客満足度を過剰に宣伝したり、
法律に抵触する可能性のある調査を提案されたり、
強引に契約を取ろうとする探偵事務所は、警戒する必要があります。

 

また、他社と比較したときに、あまりにも提示金額に開きがある場合は、要注意です。
高すぎるところは内訳を詳細に聞く必要があり、
その内訳が納得のいくものであれば良いかもしれません。

 

安すぎるところは、調査終了後に高額の成功報酬を請求される場合があったり、
調査内容があまりにも良くない場合があったりしますので、
こちらも安い理由をきちんと聞いて、納得がいく内容でなければ、
多少は高くなっても他社を選ぶほうが良いこともあります。

 

あとは、実際に契約後に少しおかしいな、と思ってしまっても、
契約書の内容によっては泣き寝入りしなくてはならないこともありますので、
契約前にきちんと疑問を解消し、感触の良いところを選ぶことが一番です。

こんなケースは警察へ

探偵は、どんな依頼でも受けてくれるわけではありません。

 

依頼内容によっては、その他の機関、警察や弁護士などをすすめられる場合もありますし、
依頼内容が法律に抵触する恐れがある場合には、当然ですが受けてくれません。

 

最初から、探偵ではなく警察への相談をすることが良いケースは、明らかに犯罪性がある場合です。

 

ストーカー被害であれば、自分で物証をきちんと持っているときや、
ストーカーが誰か分かっている場合など刑事事件としての犯罪であれば、
警察はきちんと対応してくれます。

 

一時期は警察の対応が適切でなかったために、
不幸な事件となってしまったことがなんどかニュースにも取り上げられたりしたことがありましたが、
そうした対応への反省と、ストーカー規正法の制定によって、警察の対応はとても良くなっています。

 

また、最近増えている近隣トラブルに関しても、ストーカー被害と同様に、
犯罪性があり物証などが提示できる状況であれば、
警察への届出を最初に行ったほうが、早く解決する場合も多いです。

 

最も、近隣トラブルに関しては少しグレーな部分もあり、
刑事と民事の判断がつかない場合もありますが、
その場合にもひとまず警察に相談することから始めてみましょう。

 

それから、家族や知人の行方不明に犯罪性が認められれば、
すぐに警察に届け出る必要があります。

 

誘拐などに関しては、すぐに警察が動いてくれます。
逆に、ためらって届出がおくれてしまうと、悲しい結末になってしまう恐れもありますので、
ためらう必要はまったくありません。